ストレス解消法、祭りと旅!今日は・・。

 

今日の「祭りと旅」の話題は一休みということで、

皆さんにはストレス解消の大切さを知っていただきたいと思います。

が、すみません。文面がストレスになるかも知れません。お許しください。

 

%e5%a5%b3%e6%80%a7%e3%81%a8%e7%8e%84%e7%b1%b3

※健康は美しいです。ちょっとした工夫で取り戻せますよ。頑張ってみませんか・・。

 

ようやくこの時期になって、ある先生の事を書いてみる気持ちになりました。

その先生は、阿保徹教授です。

 

免疫学では、世界的に有名な方ですが、12月6日にご逝去されました。

 

私は、日本ホリスティック医学協会という会に参加させて貰って、色々な治療法

を学ばせて貰いながら、自分の手技治療人生に活かさせて貰っています。

 

ですから、良く講演もして頂いていましたし、私自身もメールで相談をさせて

貰ったこともありました。

 

「生命をつなぐ」という健康講座を続けていますが、その中でも阿保先生の理論

を常に話させていただいています。

 

スタッフから、「阿保先生が亡くなられたみたいです。」

突然の言葉に、「え、冗談でしょう?」と言うだけが精一杯でした。

 

亡くなられた原因は、ある方のブログに「大動脈解離」と書いてありましたが

本当の原因はわかりません。

 

でも、あれだけの方が亡くなられたというのに、新聞報道一切無いということで

暗殺陰謀説が出ていますが、日本はそこまで危険な状況なのかと考えてしまいます。

 

ご自分でも、

「研究室は何度も荒らされているし、私が突然死んだら、殺されたと思ってね。」

冗談とは取れないような話もされていました。

 

勘ぐりたくはないですが、今の政治はおかしいと思いませんか・・。

高市早苗氏の電波停止の話でも、池上彰は「欧米なら政権がひっくり返る。」

と言っていますが、戦時中でもないのにどうなっているのかと驚いたというより

「・・・!?」もう絶句ですね。

 

すみません。

つい本音が出てしまいましたが、私の先輩方は、団塊の世代といわれる年齢で

学生運動で凄かったのですが、多分当時なら大変な暴動のような状態にまで

なっていたと思います。

 

ストレスは、そのような社会的な抑圧でも感じていますから、皆さんも少なからず

感じておられると思います。

 

避けられない物は、どうすることも出来ませんが、何か工夫をすれば解消できる

事を探して、見つけてみましょう。

 

健康は自分で作る努力をしましょう!

by tanton ♪