天文館ミリオネーション

■天文館ミリオネーション

天文館ミリオネーションとは、鹿児島県鹿児島市の天文館で開催されるイルミネーションのイベントです。鹿児島市は大変異国情緒あふれる街で、街を路面電車が頻繁に走る事や、活火山である桜島を間近に望める事から、東洋のナポリと形容される美しい街です。

 

鹿児島市内では、毎年11月中旬ごろから1月下旬ごろまで各所にイルミネーションが施されます。その中でもとりわけ多くの電飾を利用するのが天文館ミリオネーションです。

 

異国情緒あふれる鹿児島市内が、イルミネーションに装飾された姿は、とても幻想的で、まるで異世界に迷い込んだような感覚に陥ります。

 

■天文館ミリオネーション2017の見どころ

ミリオネーションという名前の通り、天文館ミリオネーションは約100万個のLED電球を用いたイルミネーションです。開催日は、1月6日から1月31日までとなっています。100万個という数はとても多いほうで、圧巻です。

 

さらに、天文館ミリオネーションでは、光のトンネルや電飾列車のファンタジアトレインなど、ただ見るだけではなく体験できるものもあります。お子様と一緒に楽しむには、うってつけのイベントです。中央の広場は、「宇宙の広場」と名付けられ、まるで宮沢賢治の銀河鉄道の世界に迷い込んだような気分になります。

 

お子様と一緒にファンタジアトレインに乗ったり、光のトンネルをくぐったりすれば、お子様だけではなく、親ごさんも子供のころに戻った気持ちになって楽しむことが出来ると思います。

 

■天文館

鹿児島市の天文館は、鹿児島市最大の歓楽街でもあり、観光地でもあります。天文館内には観光客向けのお土産屋さんや飲食店から、地元の方が行く商業施設まで多種多様なお店があります。

 

天文館を訪れた際には、是非「むじゃき」という喫茶店の「白くま」というかき氷を召し上がってください。カップのかき氷でも有名ですが、天文館の「むじゃき」という喫茶店が「白くま」発祥のお店です。白くまの形をしたかき氷は、とてもかわいくボリューミーで、お子様も喜んで食べられるでしょう。

 

また、「むじゃき」のすぐ近くの「塚田農場」という居酒屋では、「黒くま」というのもあるので、本家と食べ比べてみるのも面白いかもしれません。居酒屋と言っても、とても明るい雰囲気で、家族連れでも楽しめる場所なので、お酒を飲めるという方は、ぜひ行ってみて下さい。鹿児島限定のメニューもあったりしますよ。

 

その他にも鶏、きびなご(鹿児島名物の小魚)の刺身や、豚の軟骨煮など他県では味わえないような料理を扱っているお店がありますので、ぜひ鹿児島独自の食文化を楽しんでみて下さい。

 

■天文館ミリオネーションへの交通アクセス

車でお越しの場合は、山形屋の有料駐車場やコインパーキングなどをご利用ください。天文館周辺が、歓楽地となっているので、駐車場はたくさんあります。

電車でお越しの場合は、JR鹿児島中央駅またはJR鹿児島駅からいらしてください。どちらからも鹿児島市電の路面電車が出ておりますので、両方からアクセス可能です。

路面電車は天文館通で降りると良いです。また路面電車に乗らず、徒歩で行くのでしたら鹿児島駅からのほうが近いです。